豪華な犬走り

現在、伊勢崎市で外構工事を施工中です。

エアコンの室外機を設置する関係で、境界ブロックより先に

建物南面に、犬走りを施工しました。

普通、軒下の犬走りはコンクリートや砂利敷きが一般的ですが、

この度は、縁をレンガで止め、30cm×60cmの天然石を敷き詰めました。

ちなみに何故、犬走りというかと言うと、「犬が通れるくらいの幅しかない道」という意味合いだそうです。

 

ちなみに作業用の一輪車を「ねこ」と言う由来は沢山あります。

はじめて現場で作業する人は、必ず「ねこ、もってこい」と言われて戸惑うと聞きます。

PAGE TOP