プラスチック竹垣

本日、伊勢崎市でプラスチック製四ツ目垣の造園工事をさせていただきました。
元々、生竹の四ツ目垣がありましたが、寿命で損傷していたので撤去いたしました。
生竹は生竹の良さがありますが、プラ竹も本物と負けずおとらず味があります。
初期コストは割高になりますが、長い目で見ると腐ったりしないので、寿命が長く割安と言えると思います。


PAGE TOP