社員ブログ

2016年11月

カイノキ 紅葉

今から17年ほど前に、伊勢崎市の市民のもり公園に植栽した カイノキが

見事に紅葉しております。

当時は、高さ1m位の苗木を記念植樹いたしました。

 (私が群馬に帰ってきたばかりの仕事だったので、当時を懐かしく感じます。)

そのカイノキが、今、大木になっております。


今年10月の写真

P1070185.JPG

 

本日の写真

201611181738_0002.jpg201611181738_0001.jpg

このように、地元である伊勢崎でも見事に紅葉しております。

 

 カイノキは、ウルシ科の落葉高木で、耐寒性があり紅葉が最も美しい代表木です。

 カイノキは孔子とゆかりが深く、「学問の聖木」として、日本各地の学校に植えられております。

中でも足利学校のカイノキは、大変有名であります。

  因みに、この市民のもり公園のカイノキは、孔子誕生の地から譲り受けた種から育った貴重な

樹木だそうです。

 


 

  2016/11/18

エクステリア施工コンテスト 優秀賞

弊社で今年施工させていただいた現場が、エスビックの施工写真コンテストで

優秀賞を受賞しました。

201611161721_0001.jpg201611161721_0002.jpg

道路との高低差が1m以上もある敷地で、道路境界の擁壁を選択するにあたってRC擁壁だと

掘削土量等が増え、コンクリート養生で工期も長くなりコストが上がってしまう為、

景観が良く、施工性にも優れた ABロック を提案しました。

アプローチの巻き込み等をR施工で行い、全体的に柔らかい印象に仕上がりました。

  2016/11/16

植栽工事 着工

伊勢崎市で本日より、広大な敷地の植栽工事がスタートしました。

まずは、花壇の土入れからです。

P1070256.JPGP1070257.JPG

P1070259.JPGP1070262.JPG

土を積んだ大型車が、1日に何回もダンプアップいたします。

この様な広い花壇のケ所は、ユンボが使用できスムーズに進んでまいります。

 狭い花壇は、人力作業となり時間がかかります。

1300㎥以上の客土敷きを行ってからの植栽工事となります。

何よりも安全第一を心掛け、作業を進めていきます。

  2016/11/14

造園外構工事 着工

伊勢崎市で、まさしく造園外構工事と言う庭にふさわしい現場が着工しました。

門塀、アプローチ、カーポート、ガーデンライトなどのエクステリアに加え、

植栽樹木のボリュームもある、完成が待ち遠しい現場です。

 それでも現段階は、既存コンクリートの解体や駐車場の土の鋤取り掘削作業です。

工事の始まりは、いつも地味な感じですが、日が経つにつれ景観が変わり、建物も

より際立ってきます。

P1070251.JPGP1070254.JPG

 

 

  2016/11/14

人工芝工事

伊勢崎市で、既存の天然芝から人工芝へのリニューアル工事が完了しました。

今回の工事は、既存の芝をはがし、草の根を取り除き、整地転圧後に下地防草シートを使用して施工いたしました。

 

施工前

P1070094.JPGP1070093.JPG

作業中

P1070221.JPGP1070222.JPGP1070223.JPG

 

 完了

P1070225.JPGP1070226.JPGP1070227.JPG

 

 年々、天然芝の管理が大変になり、人工芝の工事が増えてきております。

時代の流れで複雑な思いもありますが、芝刈り、草取りの心配が減って、お施主様の

ストレスが軽減するのは事実だと思われます。

 今回の様な下地コンクリートをしない施工の場合は、多少草が人工芝から顔を出したら、

早めの除草剤対策が必要です。

 また、人工芝の耐久年数は、立地条件によって一概には言えません。

下地の水はけの問題や雨どいからの集中的な水が流れる場合など、様々な考慮が

必要です。

 人工芝の種類も沢山ありますので、是非、ご相談ください。

下地コンクリートなしの施工は、草の生えない今から春までがベストです。

  2016/11/04